ドロシーと言えば火属性付与。
使い道が乏しくハズレキャラだと思っているんだけど、光が充実してくると使い道も出てきたりする。

こないだ闇の40の攻略に水PT+光属性付与でクリアしたこともあって、なかなか属性付与も使い道が出てきたような気がしてきた。

試してみたのは木のパレード。
ここのボスは最初に大ダメージ(瀕死)を撃ってきて、その後6ターンくらいだったか猶予を与えられ、その間に高いHPを削るというパターン。
盤面が限られており、強いスキルがなかなか撃てないのがネックとなる。

前回は火属性PTでガーごイルキング×イフリートでクリアした。


これはわりと組みやすいし安定もしていたんだけど、ソウル上げがまだ追いついていない。


そこで、ルシオラやラー、ジャンヌのソウルが高いので光PTでの攻略をやってみた。
ソウルパレードはやっぱりソウルが高くないともったいない気がしてならない。


 2015-09-10-13-44-30
この瀕死状態を上手く利用すると倒しやすくはある。
例えばアラン、トールなどを入れた方がダメージが増加して倒しやすいんだけど、どちらもソウル99ではないのでルシオラとラーを使っている。
変換をいれずに済むというメリットはあるが、強いスキルを撃てないので最適とは言い難い二人だ。




2015-09-10-13-45-21
ドロシーのお家芸 火属性付与。
これによって全員の属性に火が加えられた。






 2015-09-10-13-45-24
ジャンヌの聖女の一閃が一番の火力ソース。

なかなかのダメージをたたき出す。


2015-09-10-13-45-32
早ければ2ターン。

光ドロップの調子が悪くてもラーとルシオラの効果で数ターンあればそろうから確実に攻略はできる。







ここで、ドロシーを使うことによって火力ソースになれるのがジャンヌとジークフリート。
どちらも無課金で手に入る優秀なモンスター。
ここに変換でも入れておけば、ジャンヌとジークの同時発動はなかなか難しいが、光5、闇5あれば行けるのでそこまで無茶な数字でもない。
ジャンヌを発動したあとにバルムンクをぶちかませば4万ほど出る。

それもこれもドロシーの火属性付与のおかげだ。


まあね、ふつうに火属性モンスターを鍛えてバリバリ削る方が楽チンなんだろうけど、ボクは火があまり充実していない(育成不足)のでとりあえずのシノギとしてドロシーをつかってみた。


エレストって、3色と2色にぱっくり分かれてるんだよね。
属性の効果が大きいので基本的にクエストには適正属性で行くパターンが大半だ。
火を鍛えれば木を攻略できる、木を鍛えれば水、水を鍛えたら火、とここはループが完成する。
光を鍛えると闇、闇を鍛えると光、とここは二つでループする。

そう、3色だと光と闇になかなか入りづらく、2色だと火、水、木に入りづらい。
ヴェルダンディやドロシーの属性付与はそこを崩してくれると考えるとなかなか使えるのかもしれない。


ただね、ふつうに属性PTがそろったら要らなくなるんだろうね